電気工具や養成シートで簡単制作│GOODSメイキング

Building material

ボルトやナット

セラミックス製のボルトの背景

ボルトやナットは金属製のものが使われていますが、セラミックスで作られたものも多くあります。その歴史は古く1700年前にすでに登場していましたが、現在においては金属製やプラスチック樹脂製のものに比べて少数となっています。 セラミックスを使う特性としては、電気絶縁性や耐熱性、耐薬品性、科学的安定性、生体親和性など金属にはないメリットがあり、電子機器分野やエネルギー生産分野、理化学分野、半導体・液晶製造分野や医療分野などで幅広く使われています。 一方で、セラミックス製のボルトやナットの欠点と言われるものが、その硬さゆえに急激な変化に弱いというものです。つまり機械的な衝撃や急熱急冷といった熱的衝撃に弱く破損してしまう欠点があります。

金属に代わるパーツとして

セラミックス製とはいってもいくつかの種類があり、それぞれ目的に応じたものが使われます。その種類は多く、代表的なものとしては、アルミナ、ジルコニア、窒化アルミ、炭素ケイ素、窒化ケイ素、フォルステライト、ステアタイト、コージライト、サイアロン、マシナブルセラミックなどがあります。 ともに種類によって耐熱性や衝撃性、絶縁性といった特性があり、それぞれの用途に応じてボルトやナットに加工されて使われます。また硬すぎて加工には不向きとされるセラミックスですが、加工性の優れたものもあり、従来の金属同様に加工が可能となっているものもあり、ボルトなどの生産に向いています。 特に金属に比べて腐食に強いメリットから、衝撃性や摩耗性に優れたものは金属に代わるパーツとして使われています。

Copy right 2015電気工具や養成シートで簡単制作│GOODSメイキングAll Right Reserved